512色カラーパレット

自分はドット絵を描くのに、よく自作のファミコンパレットを使いますが、ファミコンは色が全部で54色しかなく、あまり微妙な色合いというのは出せません。それだから逆にそのパレットを使い、また表示する色を少なく抑えるととりあえずファミコンっぽくなるので、レトロな画面作りに重宝してます。

ただレトロさは残しつつもっと微妙な色を扱ってもみたいなと思って、たとえばメガドライブぐらいの色数だとどうかな、と思い「512色カラーパレット」というものを作ってみました。

実際にメガドライブで使われていた色とは関連ないですが、調べてみるとメガドライブは同時発色数は64色で、その色は512色から選ぶようで、とりあえず、PhotoshopのHSV色空間を512になるよう分割してみました。

まず色相を12にわけ、各色相を明度7階調、彩度を6階調にわけました。

つまり1色相につき7x6=42色になり、それが12あるので、42x12=504色になります。これに黒から白までの無彩色8階調を足して、512色となるようにしてみました。

まだこのパレットを使って実際にドット絵を描いたわけではないので、使い勝手などよくわからないけど、いちおうパレットを張り付けておきます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中