画像のベクター化のやり方①

イラストACにはjpg、png、ベクターデータ(ai ,eps)の画像を投稿できます。

僕は原画は主にクリスタで作成してjpgとpng画像を書き出し、ベクターは書き出したpngファイルをillustratorでベクター化して投稿してます。

で、僕はあんまりillustratorが得意でないので、このベクター化が結構てこずりました。でもベクター画像というのは拡大しても画像が荒れないからか、ラスターより好まれる気がします。(クラウドソーシングとか「それラスターデータでよくない?」というものでも希望のファイル形式がaiファイルだったり…)

あと、有料のストックイラストとかもたいていベクターですよね。

なので、1からベクター画像を作成するのが苦手だけど、ラスター画像なら作れる!って人にとっては画像のベクター化というのは修得するとかなり強いと思うので、自分なりに試行錯誤したやり方を記してみようと思います。

ちなみに、僕が使ってるのはillustratorCS5で、最新のものは触ったことがないので、自分のやり方が最適かどうかはよくわかりません。その辺はご了承ください。

まずはpng画像を用意します。そしてそれをillustratorで開きます。

次に下に一つレイヤーを作ります。

そしてそのレイヤーを長方形ツールとかで黒もしくは黒に近い濃い色で塗りつぶします。後述しますが、png画像をトレースした際に輪郭部分が綺麗にできてるか確認するためです。

そしたらいよいよ読み込んだ画像をトレースします。ちなみに、誤操作を防ぐため僕は作業するレイヤー以外は常にロックするようにしてます。

読み込んだ画像を選択したら、メニューバーより「オブジェクト」→「ライブトレース」→「トレースオプション」を選択します。

いろんな項目がありますが、

・カラー画像を変換する場合は当然カラーモードを「カラーに」

・最大カラー数は256色まで。元画像がそんなに色数を使ってないようなら、ここの数値は下げられるだけ下げましょう。プレビューがあるので、元画像のニュアンスがくずれないギリギリまでプレビューで確認しながら、調整することをお勧めします。まあ逆に元画像がすごくシンプルであれば、256色でも数十色でもそんなに容量は変わらないので、無視してもいいですが。

・ぼかしは0pxにします。

・「誤差の許容値」「最小エリア」「コーナー角度」:このあたりは値を小さくするほど、よりきめ細かくトレースされるという事です。ただあまり値を小さくすると、元画像のドットまで拾ってしまうので、そうすると拡大したらドットが目立つという、本末転倒な事態が起こります。なので僕はいつもだいたいこのくらいの値でやってます。イラストの種類によってはこれらの値を倍くらいにすることもあります。値が大きいほど絵が単純化されるので、情報量が減って容量が軽くなりますね。

・「ホワイトを無視」は必ずチェックしましょう。最初これの意味が分からずにチェックせずにトレースしてたんですが、そうすると画像回りの透明部分が白になります。なので、背景が透明の画像をトレースする場合は必ずチェックしましょう。

ただ一つ困ったことに、画像の中に完全な白が含まれてる場合、そこは文字通り無視されて透明になってしまいます。

例えば、この画像をトレースするとこのようになります。

こうなったら、めんどくさいですけど、画像の下に白でペンツールとか使ってふつうにパスを描いてます。はっきりした輪郭があるので、まあこの場合は何とかなりますが、輪郭がない場合はどうなるんだろう?そこはわかりません(汗)まあ原画段階で白にしたい部分はあえて別の色にしておいて、トレースした後、やり方は後述しますが、その部分のパスを選択して白に変換するとか。。。

さて、プレビューで問題なければ、トレースします。

そしたらもう下の黒いレイヤーはいらないので削除して、aiもしくはepsで保存します。自分の場合は一応両方のファイルを作っておきます。

ちなみに、自分は「illustratorCS3」のバージョンで保存してます。有料ストックイラストの場合は「illustrator10」で保存してます。

けっこうアナログチックなイラストの場合、ベクター化するとサイズが大きくなりがちなので、8Mを超えるようであれば、オプションの「PDF互換ファイルを作成」のチェックを外します。これでいくらか軽くなります。ただこのチェックがないとillustrator以外のソフトで開けなくなる可能性があるっぽいので、どうしても重すぎないかぎりはそのままにしておきます。

とりあえず一通りの手順としてはこんな感じ。

実はこれだけだと、下に黒いレイヤーを作る意味があんまりないんですが、ちょっと長くなっちゃったので、そのあたりのことはまた次回書こうと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中